枚方市の注文住宅・新築一戸建て・建て替えなら田原建設:京都府八幡市・大阪府高槻市・寝屋川市対応 の トップページへ戻る


世代を越えて快適な住まい、長期優良住宅


2008年12月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が公布されました。
この法律は「優良な住宅を建設し、大切に長く使っていく」ことを目標としています。
田原建設も、その考えに則って、新築・建て替えを進めてまいります。 


家を守るカルテで安心管理、住宅履歴情報
大切な家を守る いえかるて 住宅履歴情報


大切な家に、長く、快適に住むために、家のことを知り、
必要に応じて手入れをすることが大事です。
そのために、第三者機関に、平面図や立面図、確認済証など、
様々な書類を登録するしくみがあります。
これを「住宅履歴情報」といいます。
田原建設では、「一般財団法人 工務店サポートセンター」の
「いえもり・かるて」に、全棟登録しています。
お施主様に対して、住宅履歴情報を30年間保管し、
リフォームを実施した際には、内容を追加登録していきます。
つまり、「いえもり・かるて」を見れば、家の歴史が一目瞭然になるのです。


地域工務店ならではのアフターメンテナンス


家は完成したら終わりではありません。
暮らしや家族構成の変化に応じて、お手入れリフォームをしながら、住み継いでいくものなのです。
定期点検はもちろん、その時に限らず、気になることがあればすぐに声を掛けていただける、
頼りがいのある工務店でありたいと考えます。
これが、地域工務店としての最大の役割ではないでしょうか。


価値を活かせる家、移住・住み替え支援適合住宅
建てるなら、資産として活かせる「かせるストック」認証の家


田原建設が長期優良住宅をお勧めしているのには、
理由があります。
長期優良住宅は、耐久性耐震性が高く、省エネ性能に優れ、
長期にわたる維持保全が可能な性能を備えている住宅。
資産と呼べる家だからなのです。
そして、資産であるからこそのメリットがあります。
その一つが移住・住み替え支援適合住宅の認定が受けられること。
■家を建てた後に転勤になってしまった
 ● 移住・住み替え支援適合住宅なら、
   転勤期間に賃貸に出し、家賃収入を住宅ローンの返済に充てることができます。
■定年後のセカンドライフの資金に
 ● 子どもが独立すれば、広い家は不要になります。
   そんなときでも移住・住み替え支援適合住宅なら、これまでの家を売却することなく、
   移住資金を得ることができます。


家づくりやリフォームなど、住まいに関するご相談はありませんか。



アフターサービス保証サービス新世代ハウス

資料請求お問合せ