枚方市の注文住宅・新築一戸建て・建て替えなら田原建設:京都府八幡市・大阪府高槻市・寝屋川市対応 の トップページへ戻る


建て替え(新築)とリフォームのメリット・デメリット

家を建ててから30年以上経ってくると、建て替えにしようか、リフォームにしようか、
悩まれている方が多いと思います。
例えば、費用の問題、工事中の住み家はどうなる?といった問題で、相談されることも多いです。
建て替え(新築)とリフォームには、それぞれメリット・デメリットがあるので、是非こちらをご参考ください。



建て替え(新築)リフォーム
メリットメリット
既存の建物を壊して更地にするので、
地盤調査が可能。
軟弱地盤であれば、地盤改良工事が行えます。
愛着のある建物を壊さなくてよい
間取りの自由度はリフォームよりも大きく
なります。
新築よりも安価で済む場合が多い。
資産価値が上がるため、長期の安心につながり
ます。
各種税金が軽減できます。
(不動産取得税・固定資産税・登録免許税)
デメリットデメリット
建蔽率の影響で、今の家よりも小さくなる可能性があります。地盤が悪い場合、対策のしようがありません。
建築費用はトータルで高くなります。間取りに制限があります。
---柱・梁をすべて新しくできないので、強度に不安が残ります。
---残せる部分は残すのでトータルで安く済みますが
手間賃の単価が上がります。

家づくりやリフォームなど、住まいに関するご相談はありませんか。
資料請求お問合せ