枚方市の注文住宅・新築一戸建て・建て替えなら田原建設:京都府八幡市・大阪府高槻市・寝屋川市対応 の トップページへ戻る


表層改良で地盤改良 敷地の高低差も解消
しっかりした断熱で快適な住まい 高槻市 K様邸

地縄・地盤調査〜基礎工事

地縄

地縄

建物の外周に沿って地縄を張っていきます。




地盤調査

地盤調査

地盤調査の様子です。
表面波探査による方法です。
地盤調査の業者さんによるとこの地域は川が氾濫したときに流れて溜まった土砂などでできた土地だということです。




敷地の奥行きと高低差

敷地の奥行きと高低差

敷地の奥行きが30メートル近くあり
敷地の高低差が奥に行くほど下がっています。
ですので裏手にブロックを積み
地盤の高さが均一になるまで土を盛ります。




地盤改良工事

地盤改良工事

地盤調査の結果、
地盤改良が必要になりました。
表層改良という改良方法で進めていきます。




地盤改良完了・防湿処理

地盤改良完了

地盤を改良後、ランマーでしっかりと地盤を固めていきます。
これで地盤改良の完了です。


防湿処理

地盤改良を行った上に防湿シートを敷き込み捨てコンクリートを流し込みます。


基礎配筋・型枠

基礎配筋

基礎の配筋が完了しました。
この段階で瑕疵保険の検査が入ります。
基礎配筋時の配筋検査と金物及びバルコニーの防水等を確認する中間検査が行われます。


型枠の施工

基礎のベース打ち込みが完了したら立ち上がり部分に型枠を施工していきます。

この時に土台と基礎を緊結させるためのアンカーボルトや土台と柱を固定させるためのホールダウン金物を仕込んでいきます。


ベタ基礎の完成・防アリ処理

ベタ基礎の完成

型枠を解体してベタ基礎の完成。
基礎の外周部には建方に備えて足場を設置しました。


防アリ処理

基礎の立ち上がり上部と土台の間に基礎パッキンをかまして施工します。
土台には水に強いとされるヒノキ材を使用。
弊社ではさらにハチクサンと呼ばれる防アリ処理を施します。




ハチクサン

ハチクサン自体は無色透明なのですが塗った箇所が分かるように赤く色を付けております。


床断熱

土台に断熱材を受けるためのピンを取り付け土台と土台の間に床断熱材を敷き込んでいきます。




床下地

床断熱材にフタをするように床下地の28mmの構造用合板を施工していきます。
これを2階の床下地に使用すると1階の天井に火打ち金物がいらなくなります。





建て方〜上棟

建て方〜上棟

レッカーを使っての建て方、初日


1階の柱と梁を組みました。
この後、梁と梁の間に落下防止用のネットを張っていきます。
万が一のときのための対策です。


上棟

棟上げ当日。
こちらの住まいの屋根の形が方形といって真四角をしているため、棟木がなく変わりに棟小屋束を取り付け、これで上棟です。



補強・断熱工事


方形の屋根

小屋裏換気も従来と違い、隅棟でとっております。
屋根の仕上げは非常に軽いスレート葺きです。


窓枠を取り付けました。


バルコニー防水・構造用金物取付

バルコニーにFRP防水を施しました。


柱や梁の取り合いに構造用金物を取り付けました。
地震時に対する引き抜き等を防止します。



中間検査

構造躯体が見えるうちに、中間検査を行います。
役所と住宅瑕疵保険の2つの検査です。


防アリ処理

床から1メートル上まで防蟻処理を行います。
塗った箇所は赤く着色されます。



ユニットバスの断熱

ユニットバスを据える場所は
基礎が露出しており断熱欠損になるのでしっかり断熱材を施工しておきます。


外壁防水

水の侵入を防ぎ、湿気を逃がす
そのような効果のある透湿防水シートを外壁の下地に施工します。
そして通気層を確保するために胴縁という木材を施工します。



屋根と外壁の取り合い

仕上げの軒天を施工する前に木材で下地を施工します。
軒先側に見えるのが、外壁を通ってきた空気を逃がす開口穴になります。


外壁の断熱

外部に面する外壁に
断熱材を敷き込みました。


ユニットバス据え付け・フローリング施工

ユニットバスの据え付けが完了。


床の仕上げ、フローリングを施工。
無垢調の仕上げ材になっております。



外装工事完了

外部足場の撤去が完了しました。
前面のバルコニーをブラウンで強調。
ベースはホワイトで清楚な感じに。





内装工事


壁石こうボード貼り付け工事

壁の石こうボードは横架材まで貼りあげます。
省令準耐火仕様で火災保険の金額が下がるひと工夫です。


玄関工事

外部のポーチと玄関の床は30cm角のタイルで仕上げます。
オレンジの明るい色が印象的です。




天井工事

天井に断熱材を敷き込みます。
屋根直下は通常の2倍の厚みを施工します。


いよいよクロス貼り

天井の石こうボードを仕上げていよいよクロスの下地工事、パテ塗りに入ります。




完成

高槻市K様邸完成施工例

こちらの施工例は完成後の詳細をご紹介しています。
資料請求お問合せ