枚方市の注文住宅・新築一戸建て・建て替えなら田原建設:京都府八幡市・大阪府高槻市・寝屋川市対応 の トップページへ戻る


大容量の収納と家事動線を考えた間取りの
オール電化住宅に建替え 枚方市 H様邸

解体工事

オール電化住宅 枚方市 H様邸 解体工事

解体工事

既存の建物を解体中。




地盤調査〜基礎工事

オール電化住宅 枚方市 H様邸 地盤調査

地盤調査

地盤調査の様子。
表面探査法による検査を実施。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 試掘

試掘

市が実施する試掘の様子。
文化財が出るかどうかの
チェックが義務付けられています。
これで文化財が出てしまうと
発掘作業で工事が止まってしまいますが
何も出てこなかったのでホッと一安心です。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 基礎着工

基礎着工

いよいよ基礎着工。
基礎外周部を掘り下げ
ランマーを使って地面を転圧します。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 防湿シート敷き込み

防湿シート敷き込み

地面から湿気が上がらないように、防湿シートを敷き込みます。
防湿シートを押えこむように、捨てコンクリートを流し固めます。
そしてこの上に基礎の配筋をしていきます。



オール電化住宅 枚方市 H様邸 基礎配筋

基礎配筋

基礎の配筋の様子。この基礎配筋の段階で、住宅瑕疵保険の検査を行います。
すべての住宅が瑕疵保険に入ることが義務付けられています。
基礎の底盤に土間コンクリートを流し込んでいる様子です。


オール電化住宅 枚方市 H様邸 ベタ基礎の完成

ベタ基礎の完成

基礎の底盤が固まったら、立ち上がりの型枠を施工します。
ベタ基礎の完成です。基礎から上に突き出している金物は土台と緊結するためのものです。



配管工事〜土台工事

オール電化住宅 枚方市 H様邸 配管工事

配管工事

基礎ができて床を張る前に、給水と排水の先行配管をします。
維持管理ができるように『さや管』という方法で基礎に直接埋め込まず、交換できるように工事します。





オール電化住宅 枚方市 H様邸 土台工事

土台工事

ヒノキの土台を据えて、エコボロンの防腐防蟻剤を塗布します。
液自体は無色透明なのですが、塗った箇所が分かるように緑色に着色します。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 断熱材敷き込み

断熱材敷き込み

床にグラスウールの断熱材を敷き込みます。土台と大引の間に隙間のないように施工します。
断熱材の上に28ミリの構造用合板を施工します。水平耐力が非常に大きいです。



上棟

オール電化住宅 枚方市 H様邸 上棟

上棟

棟梁による棟上げの様子。
写真を撮るために若干、棟梁の体勢が苦しくなっています。
上棟式の様子。棟梁にお酒を撒いてもらっています。



補強・断熱工事

オール電化住宅 枚方市 H様邸 筋かいと金物設置

筋かいと金物設置

斜めに入っている木材が筋かいです。耐震等級3ですので、耐力壁が多くなっています。
N値計算により算出した金物を所定の位置に施工。地震時に柱が抜けないように、至る箇所に金物を取り付けます。



オール電化住宅 枚方市 H様邸 屋根完成

屋根完成

スレート屋根の完成。
屋根の折れている箇所には小屋裏換気のために、棟換気部材を取り付けます。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 中間検査

中間検査

筋かい、金物、防水の工事が完了次第、役所と瑕疵保険の中間検査を行います。
写真は検査の様子です。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 壁の断熱材敷き込み

壁の断熱材敷き込み

壁に断熱材を敷き込みます。
この施工の方法によって断熱性能が大きく左右されます。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 外壁

外壁

外壁部分の防水層に透湿防水シートを張っていきます。
この上を押さえるように、防腐防蟻処理した胴縁という木材を空気の流れ道を塞がないように、施工していきます。
胴縁に外壁の仕上げ材を固定するための金具を取り付け、これに引掛けるようにサイディングを施工します。



内装工事

オール電化住宅 枚方市 H様邸 ユニットバス設置

ユニットバス設置

ユニットバスの据え付けが完了。
1日で組み上げます。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 石こうボード施工

石こうボード施工

壁に石こうボードを施工。梁まで張り上げます。




オール電化住宅 枚方市 H様邸 天井

天井

軽量鉄骨で天井下地を組み、その上に断熱材を敷き込みます。
天井に石こうボードを張ります。大工さんの工事も大詰めです。



完成

オール電化住宅 枚方市 H様邸 完成外観

こちらの施工例は完成後の詳細をご紹介しています。

資料請求お問合せ